sakura-neko-densha

さくらねこでんしゃ

povo2.0のメアド条件が厳しくなっている件

povo2.0のメアド条件が厳しくなっている件

auのサブブランドで、オンラインで加入手続きをする「povo2.0」(ポヴォ2.0)に加入するときに登録できるメールアドレスの要件が厳しきなっていることに気づいた。

エイリアスが使えない

私はpovo2.0が始まったころから加入して使用している。

このサービスの加入IDになるのはメールアドレスで、パスワードという概念はなく、何かをするたびにメールで送付される番号で認証する仕組み。

私は認証メールアドレスをGmailにして加入手続きをした。その際に、+01、+02、+03などの文字列を付加して登録していた。いわゆるエイリアス機能である。これにより。hoge+01@gmail.comhoge+02@gmail.comhoge+03@gmail.com宛のメールが、すべてhoge@gmail.comに届くので、非常に便利だった。

しかし、2023年2月15日以降、エイリアスを含むメールアドレスが使えなくなったとのことである。ということは、加入する回線の数(≒端末の数)だけ、メールアドレスを作成する必要がある、ということになる。

他キャリアも同様の措置をとっている

ドコモの回線(というか、サービス契約)を複数回線持っていて、それぞれの契約に紐づくメールアドレスを作成せねばならない。エイリアス機能の使用は、昔からふさがれていた。

仕方がないので、Gmailを複数アドレス所有してお茶を濁しているのだけれど、不便で仕方ない。

携帯電話契約なら、spモード認証(ネットワーク暗証番号)で認証ができるが、homeでんわとドコモ光はネットワーク暗証番号もへったくれもない。

これでいて、店舗の訪問が予約制になったり、領収証や利用明細がオンラインでしか参照できないのは、不便極まりない。

「回線の数だけメアドを用意せよ」はナンセンス

エイリアスは使えない、キャリアメールはNG、となると、実質的に回線契約を望むごとに、Gmailアカウントを増やすしかなさそうである。

「メール」を使う機会が減っている現代において、これはあまりにもハードルは高いし、何よりフリーメールアカウントを消費するだけでナンセンスではないだろうか。

特にドコモは、メールやアプリ(端末の生体認証)を複雑に絡めた多要素認証を導入しているが、めったに使わない(使えない)マイドコモのために、おもむろに専用のメアドを引っ張り出してきて多要素認証するのは現実的ではないと思うのだけど。。。

とはいえ、povo2.0は今後も使う予定

ドコモの4G/5Gが建物や時間帯で瀕死同然の通信状態になる状況に見舞われたので、しばらく電話番号だけをirumoの0.5GBプランで維持しておき、データ回線はpovo2.0で運用するつもりでいる。

月々*GBみたいな契約だと、絶対に余らせるような使い方しかしないので、使う分だけ課金するpovo2.0に軍配が上がる。

最近は*GB/365日、みたいなプランが安価で契約できるので、助かっているし。

バッグのジッパー/チャックにつけるやつ

これの名前なんてぇの?と思って調べた。

ちょっとお高いバッグを買うと、ジッパーのところについてる引き手。 これが切れたけど新しく買おうにも名前がわからず苦心したのでメモ。

調べた結果

  • ジッパータブ
  • ジッパープル
  • コードプル
  • ファスナープル

などというらしい。次に取れた時に検索ワードで困らないようメモ書きしておく。

PowerShell で N:N キー マッチングする

PowerShell で N:N キー マッチングする

ズバリそのもの。Windows PowerShell上でCSVファイルをN:Nマッチングをする必要が出てきた。

www.vwnet.jp

www.vwnet.jp

共通のキー項目をもつCSV同士をキーでマッチングして、1ファイルにまとめたい、という要件。

プログラミングやPowerShellは、今回携わっているシステムの本筋ではないので、極力使いたくない。 Powershellでキー項目でのソートはできているので、Pythonなどを入れてプログラムを組めば一発なのだろうけど、正直、Windows ServerのPowerShellで完結させたいところ。

で、できました。

PowerShellファイルと元のCSVファイル、いずれもUTF8(BOMつき)にしたら、すんなり解決した。

PowerShell周りの文字コードの扱い、いまだにわかんない。。

楽天miniの相性問題?

楽天miniの相性問題? 「充電しながら使える変換ケーブル」で音声が入出力できない

auのサブブランド「povo」のeSIM回線を使ったサブ端末として、楽天miniを使用している(厳密には使用していた)。 これにアプリを入れて、自宅Wi-Fiにつないで、自宅クライアントとして使用できないか、ともくろんだ結果。

使用環境

  • 楽天mini C330
  • ダイソー「充電しながら使える USB Type-C変換ケーブル(品番:イヤホン8810/JAN:4550480348810)」
  • その辺のイヤホン/イヤホンマイク

ケーブルパッケージ表面

ケーブルパッケージ裏面

やりたかったこと

インターネットPTT音声通信ソフト「Zello Walkie Talkie」をいれて、自宅から外出先のスマホへ音声を流す。音声の入力のために、前述のType-C変換ケーブルが必要。

結果

  • 充電せずに(充電ケーブルを接続せずに)Type-C変換ケーブルを使用すると、ケーブルのDACが正常に認識され、音声がイヤホン出力端子へ出力される。このとき、スマホ本体のイヤホン接続アイコンは表示される。
  • 充電して(充電ケーブルを接続して)Type-C変換ケーブルを使用すると、ケーブルのDACが認識されず、スピーカーから音声が流れる。このとき、DACは認識されず、イヤホン接続アイコンは表示されない(消灯する)。

結果画像

変換ケーブルだけを繋ぐ。イヤホンから音声が出る。

画面上のイヤホンマイク表示もオンになる。

変換ケーブルに充電ケーブルを繋ぐ。イヤホンからの音声出力は停止。

画面上のイヤホンマイク表示がオフになる。

結論?

いまさら楽天楽天miniの不具合(?)を修復するとも思えないので、諦めるしかないかな? 他のType-C搭載Android(Oppoなど)では正しく認識されている。

法定時間内残業が無償労働な件(その後)1

法定時間内残業が無償労働な件(その後)1

6月2日に「法定時間内残業が無償労働な件」を投稿した。

https://sakura-neko-densha.hateblo.jp/entry/2024/06/02/153106

その後日談です。

当方、派遣エンジニア

月給制で契約していて、拘束時間はよくある「客先に準ずる」となっている。

自社は8時間の法定労働時間MAXを社内勤務者の労働時間としているが、客先に出たら当然8時間未満の顧客先もある。

ここからが問題

しかしながら、派遣契約上の所定労働時間は7時間30分(勤怠システムより)。しかし、7時間30分超8時間までの法定時間内残業を30分しても、自社からの賃金上は法定内残業が無報酬なのである。当然ながら、客先の勤務時間にも支払いにも計上される。

私が勤めている派遣先は、フレックス制。派遣営業は「あなたもフレックスです」「当社にはフレックス制度あります」と言っている。

フレックスを使ったら、フレックスの遅出・早帰は単に欠勤控除されるのだと思う(し、そうだった)。労基職員氏曰く「これはフレックスではなく、ただの月給労働制ですね」と言われた。

さらに、給与規定を確認したところ、

8時間を超えた時間を、1.25倍の割増賃金となる「残業時間」とする

とだけ書いてあった。法定時間内残業に関しては触れていない。

一方で、就業規則上は

給与計算においては、1日の所定時間を8時間として計算する。

と書いてある。ここまでの情報で、労基職員氏は「曖昧ですね」「会社の説明不足なのかな」と。

ただ、別件でたまたま入手した36協定書を見たところ、残業上限の記載と同時に、

1日の所定労働時間は8時間

と書いてあった。ここで労基職員氏の顔色が変わり、「合法ですね」「会社が説明不足なだけ」という結論に。

顧客先常駐がメインで、顧客先常駐社員が大半を占める会社において、36協定上の代表者が社内の事務労働者で、かつ36協定書が公表されていない時点で「現実に即していない合法」と言わざるを得ないと思う。

なお、過去2年の無償法内残業時間を計算したら、62時間であった。1.00倍の割増なし支払いだとしても、10万円近くに相当する。

派遣労働に必要な労働条件明示書も出てこない、と言ったが、労基職員氏は「派遣法は労基署管轄外」と言って逃げてしまった。

さて、どう動くか。

緊急地震速報機

表題の機械を、2011年3月初旬に手に入れて、ずっと使用しています。 東日本大震災の一報を知ったのもこの機械。

今朝の富山湾地震でも鳴ったのだけど、ボリューム(音量)が不調で音声が拡声されない不具合を抱えており。。。

思い切って自力で直すか何かしないといけないかなぁ、とか思っているけど、名古屋大須の電子部品店の壊滅具合を見ると、部品の入手性が。

秋月電子通商あたりでまとめて部品買うかなぁ。

法定時間内残業が無償労働な件

法定時間内残業が無償労働な件

当方、派遣エンジニア

月給制で契約していて、拘束時間はよくある「客先に準ずる」となっている。

自社は8時間の法定労働時間MAXを所定労働時間としているが、客先に出たら当然8時間未満の顧客先もある。

私が勤めている派遣先は、フレックス制なうえに、所定(?)労働時間は7時間30分。

ここからが問題

7時間30分超8時間までの法定時間内残業を30分しても、無報酬なのである。

給与明細を見ても、残業時間として計上されているのは8時間を超えて残業した時間だけで、最初の30分間は無報酬扱いになっている。

就業規則を確認したところ、

8時間を超えた時間を、1.25倍の割増賃金となる「残業時間」とする

とは書いてあるが、法定時間内残業(法定労働時間 - 所定労働時間の差分)については、基本給に含むとも、普通単価(1.00倍)で支払うともかいてない。

これは労基案件な気がしてきた。。

というか、気づいてて黙ってる社員が複数いることに驚きを隠せないよ。